1. HOME
  2. お役立ち情報
  3. 「変わりゆく“テイネン”」 第1回「定年後=悠々自適」は昔話
メッセージ
2020年05月13日

「変わりゆく“テイネン”」 第1回「定年後=悠々自適」は昔話

『これからは悠々自適…』 は 「 昭和の定年 」 の象 徴?

職場で花束をもらって、後輩たちに見送られながら、長年勤めてきた会社を後にするオジサンの 後ろ姿 。

自宅に帰ると、玄関で 家族が 揃って 、 「お父さま、長年のお勤めごくろうさまでした。これからは“悠々自適”にお過ごしくださいませ」 と。
人生におけるピリオドとしての“テイネン”の定番 イメージです 。

昭和の定年年齢と言えば、男性の場合「55歳」が一般的でした。

1950年代前半( 昭和20年代後半 )頃の平均
寿命は、男性の場合ですと、60歳を少し超えたくらいでした。

会社人生のゴールは 、 私たちの 人生そのもののゴール とほぼ等しかった のが、 「 昭和の 定年 」 の イメージ だ った のでしょう 。

定年延長の歴史は「平成の定年」の歴史
定年制度の歴史を紐解いてみると、「55歳定年 」 の見直し が検討されるようになったのは 、 1980年代に入ってからです。

少子高齢化が進み、労働力人口が減少していく…という危機感から、「定年延長」 が本格的に議 論 されるようになりました 。
1986(昭和 年に 「高年齢者等の雇用の安定等に関する法律」( 以下、「 高年齢者雇用安定法 」 が 制定 され、 60歳定年が努力義 務となって以来、定年延長の道筋がスタート しました 。 1998(平成 年には 努力義務が「義務化」 へと変わり 60歳未満の定年禁止 、 2000(平 成12)年には65歳までの高年齢者の雇用確保が努力義務となり 、2006(平成18)年には義務化 となり ました (注 。その後、2013(平成25)年には、65歳までの継続雇用制度について、希望者全員を対象とすることになりましたので、この時点で「希望者全員が65歳まで働くことのできる社会」が 整備された ことになります。

“テイネン”のあり方 が変わった
2013(平成25)年には、平均寿命が男女ともに80歳を超えました (厚生労働省「簡易生命表」 より 。

そして、 合計特殊出生率 は、2005(平成17)年には、過去最低 の1.26 にまで低下しました 厚生労働省「人口動態統計」より) 。
「少子 高齢社会」とともに、定年延長が現実のものとなっていった「平成の 定年」。

そして、平成末期の2018(平成30)年に は 「70歳定年」の構想が打ち出され、2020(令和2)年3月に、 「 高年齢者雇用安定法 」 の改正 法案が 可決・ 成立したことは、記憶に新しいところです。

「70歳までの就業機会を確保する措置を講じる」ことを、事業主に対して努力義務とする今回の改正法は、 まさに「人生100年、生涯現役」時代に相応し い“テイネン”のあり方
を 私たちに 投げかけています。
(第2回につづく)

ページトップに戻る