Active Brain CLUB vol.50:
大人でも学習することで神経回路が伸び、枝分かれする2020.01.17定年後入門

大人になってから資格取得や語学の勉強などを始めても、もの覚えが悪くなり思ったように成果が上がらず、挫折しそうになることがあります。

これは今まで新しいことを学ぼうとしなかったツケで、ルーティンな仕事ばかりしていたため脳が退化して、いざ勉強しようとしてもなかなか覚えられなくなっているだけです。

けれども、何歳になっても学習することで脳が変化することがわかっています。

例えば、ものごとを覚える努力を繰り返し行うと、記憶を定着させ、その記憶を引き出すための神経回路が強化されます。例えば、語学学習をすると、新しい言語を身につけるために必要な神経回路ができていきます。

大人の場合でも、子どもと同じように、学習を継続することで、脳の神経線維が情報を伝達しやすいように、長く伸びていくつも枝分かれし、より情報処理をしやすい神経回路になっていきます。ですから途中で勉強することを諦めるのはもったいないです。

掲載元「監修:川島隆太博士(株式会社NeU 取締役CTO、兼東北大学教授)」


脳を計りながら鍛える“最新”脳トレ 川島隆太博士が開発!詳細はこちら