自走人生のススメ vol.17:シニア社員対策に悩む企業人事 2019.05.29定年後入門

日本CHO協会(東京都千代田区、南部靖之代表)が2018年11月に行った「シニア人材の活躍に関するアンケート」では、今後増え続けるであろうシニア社員に対する“苦悩”が浮き彫りなっており大変興味深い。

「シニア社員の活用・活性化の課題認識」では、80%が「優先順位の高い人事課題と認識」しており、そのうちの約6割が「積極的に取り組んでいる」そうだ。ただ、「シニア社員の活性化策として取り組んでいること」は、ライフプランやキャリアプランの「研修」、上司や人事の「面談」という回答が目立つ。“積極的に…”とは言うものの、対策は従来型の「研修と面談」の域を出ておらず、「シニア向けの職務開発・職場開発」や「社外の仕事の情報提供」、「リカレント教育のための補助」などの“シニア社員のチャレンジを支援する施策”にまで踏み込んでいる企業はまだ少数だ。