loading

70歳雇用を推進する背景と今後の課題は?

News Letter Vol.01
政府が70歳雇用を発表

定年延長に対する政府の動きが本格化している。政府は2019年5月に開催された未来投資会議で、希望する高齢者に対し70歳までの雇用確保を企業に求める高年齢者雇用安定法の改正案の骨格を示した。現行法では、高年齢者等の雇用の安定等に関する法律第9条第1項に基づき、定年を65歳未満に定めている事業主は、雇用する高年齢者の65歳までの安定した雇用を確保するために、
①定年制の廃止
②定年の引き上げ
③継続雇用制度(再雇用制度)の導入
のうち、いずれかの措置を実施することを義務化している。・・・・

続きはPDFでご覧いただけます