loading

「定年後研究所」アドバイザー木村 勝氏の新刊のご案内

新刊のご案内
人生100年時代、中高年会社員が一番気になる、お金の話。
ボロボロにならないように働き、稼ぎ続けるためにあなたは何をするべきか?

「終身雇用」「年金」、そして「老後2000万円不足問題」…… 中高年会社員を取り巻く環境は激変し、厳しさを増しています。

定年後の長い長い「セカンドライフ(ふた山目の人生)」をどう生きていくのか?

本書は、多くの中高年社員の人生に接し、「ふた山目の人生」作りの手助けをしてきた定年後研究所アドバイザー木村 勝氏が「現役のうちに何をすべきか」「働けるうちは働き続ける(稼ぎ続ける)ための準備とは何か?」など、実体験に根差してわかりやすく解説しています。

「定年後研究所」の調査によれば、75%の中高年社員が定年後に対するイメージを「イメージできない」「暗い」「非常に暗い」と感じています。そして79%が「定年後の計画を立てられない」と答えています。悲観的に成りがちな、中高年社員の皆さんがお持ちの「キャリア」と「スキル」を「稼ぐ手段」に変えるノウハウを木村勝氏が豊かな実例とともに紹介します。

第1章 国も企業もあなたの面倒を最後まで見てくれません!
◎ 終身雇用制度がなくなる日
◎ ますます遅くなる年金支給の開始時期
◎ 年金額は減る一方 ~悠々自適の年金生活はもはや夢物語
◎ 日本の高齢者の9割が「下流老人」化する!?
◎ 大企業の社員ほどリスクが高い時代
◎ 大企業ほど積極的に進めるIT・AI(RPA)投資、先細るシニア向け業務
◎ 「定年延長」は本当に朗報なのか? ~「公務員65歳定年延長」導入へ
◎ 誰も気づかない定年延長の「光と影」
◎ 若手・ミドルにも大きな影響を与えるシニア雇用の問題点
◎ 埋まらない世代間の意識の溝 ~実は歓迎されていないシニア雇用
◎ 容赦ない年下上司の仕打ちにあなたのメンタルは耐え切れるか?
◎ 中高年サラリーマンのメンタル不全が増えている
◎ 上と下からの板挟みに悩む若手上司
◎ 果てしなく続く“痛勤地獄”にあなたの身体は耐えられるか?
◎ 今こそ「個人としてのキャリアの成長戦略」が必要

第2章 定年後の生活レベルは60歳までのすごし方ですべてが決まる
◎ 「必要とされていない感」を抱えて何十年も生きますか?
◎ 定年後の時間の使い方が下流老人化を防ぐ
◎ 「見える化」して初めてわかる人生の時間資源
◎ 居心地がよい会社にいるほど、勇気のハードルは高くなる
 ~「ゆでガエル状態」になりやすい人はこんなタイプ
◎ あなたの実際の市場価値と今もらっている給料はこんなにかけ離れている
◎ 不遇なときこそ、キャリアを見直すことで新たな道が開ける
◎ シニア期に入ったらマインドセットを切り替えよう
◎ サラリーマンの人脈とノウハウは実はこんなにニーズがある
◎ 過去は変えられないので「今後どう活かすか」と考える
◎ ほとんどのサラリーマンが気づかない「自分の価値」
◎ 「自分のキャリアは自分で決める」=「定年の時期は自分で決める」
◎ 定年後のキャリアは「優秀か優秀でないか」ではなく、「準備したか、しなかったか」で決まる
◎ 日本的な働き方のメリットを最大限利用する
 ~「転勤」というリスクのない転職で経験を積める日本企業
◎ 一定期間で上司・同僚が変わるのは日本企業に勤務する最大のメリットの1つ
◎ 利害関係抜きの人的ネットワークを作ろう
◎ 「肩書」「資格」よりも「実務経験」がポイント
◎ 「生涯現役」に欠かせない「一気通貫」実務スキル
 ~実務スキルの磨き上げに最適な中小企業
◎ 今いる会社のマネタイズの仕組みを自分のものにしておく
◎ 「6ゲン主義」で仕事を極める(現場・現物・現実+原理・原則・原点)
◎ AI・RPA時代こそ、実はシニアの独壇場

第3章 「働けるうちは働く人」になるためのセルフ意識改革
◎ 自分のOS(ポータブルスキル)を意識する
◎ 3つのポータブルスキルを「見える化」しておこう
◎ ポータブルスキルが明確ならば他業種・他職種も怖くない
◎ 戦略的自己投資を行おう ~サラリーマン時代にさまざまなチャレンジしておく
◎ 安価なシェアオフィスを借りて、退職後のシミュレーションをしておく
◎ 「自分の当たり前」が他人にとっては「貴重なノウハウ」
◎ キャリアを「アナロジー思考」で考えると思わぬ新天地が見つかる
◎ 自分の肩書は「当てはめる」のではなく、自分で「作る」
◎ 国と企業の本音は「65歳以降は自分の力で稼いでほしい」
◎ 個人事業主の視線を持って目の前の仕事に取り組もう
◎ フレキシブルな働き方の選択肢を持つことでリスクを減らす
 ~実は働き方はたくさんある
◎ 「副業・兼業的な視点」を持ち、さまざまなことを経験しておこう

第4章 「働けるうちは働く人」になるためキャリアデザイン術
◎ 絶対必要なキャリアの「棚卸し」と「キャリアデザインマップ」
◎ キャリアの方向性を見定めることが重要
◎ 情報アンテナの感度を上げる「カラーバス効果」
◎ 将来の高い目標から眺める ~「虫の目」ではなく「鳥の目」でキャリアを見つめる
◎ これから必要なのは、会社ではなく、「自分の仕事」へのエンゲージメント
◎ 定年後にイキイキ働くシニア全員に共通する「不遇な過去」
◎ 自律的キャリアを実践するために必要な「三種の神器」の作り方
◎ 【ツールその1】「家族キャリアマップ」を作成する
◎ 【ツールその2】「ライフカーブ」で見えてくるあなたの「キャリアの風水」
◎ 【ツールその3】「キャリア棚卸しシート」の作り方
◎ 将来の羅針盤「キャリアデザインマップ」を作成しよう
◎ キャリアの方向性を見定めよう ~「キャリア・アンカー」を認識する
◎ シニアからの「Will/Can/Must」の考え方
◎ 「やりたいこと」ではなく「やりたくないこと」から考える
◎ 「30日・1年・10年の余命」を想定してみる
◎ 自分はいったい何者なのか? ~肩書を考えてみる
◎  自分でコントロールできない外部環境の変化はどうする?
◎ キャリアデザインマップを完成させる
◎ キャリアデザインマップの実行にあたっての5つのポイント
 ~必須スキルはなるべく早い時期から準備する
◎ 人の話を聴けない「パワハラ系シニア」は絶対に成功しない
◎ 「寄り添い力」はシニアになってからでも養成できる
◎ 老後の生活を豊かにしてくれる人的ネットワークを早くから形成しておく
◎ 社外のネットワークを構築する際の必須アイテム「個人名刺」
◎ SNSに参加していないのは「存在していない」のも同然 ~情報発信のススメ
◎ 個人事業主の目線を持つためには何をしたらいいのか?
◎ シニアからのキャリアデザイン5原則
◎ キャリアの航海に漕ぎ出すための3つのステップ

第5章 あなたのキャリア&スキルをお金に変えるための具体的な方法
◎ サラリーマン時代にマネタイズの予行演習をしておこう
◎ いよいよマネタイズの本番へ ~まずは今の会社をクライアントとすることを考える
◎ クライアント拡大のタイミングの見極め方
◎ クライアント拡大のターゲット
◎ どうしてもやってしまいがちな「応相談」という料金設定
◎ シニアからのキャリアを複線化するさまざまなルート
◎ 毎月3万円を10カ所からいただくという発想

木村 勝 プロフィール
1961年生まれ、一橋大学社会学部卒。 1984年日産自動車に入社、人事畑を25年間歩み続ける。2006年社命により日産自動車を退職し、全員が人事のプロ集団という関連会社に転籍。中高年の第二の職業人生を斡旋する部門の部長として、中高年の出向促進に従事。2014年独立。人事業務請負の「リスタートサポート木村勝事務所」を開設。独立後も民間企業内人事部に席を置き、日々発生する人事課題に対応する現役の人事マンの顔も持つ。著書 「働けるうちは働きたい人のためのキャリアの教科書」(朝日新聞出版)。日経ビジネスなどへの執筆・コメントも多数

フォレスト出版こちら