loading

4. 70歳まで今の会社で働くために求める支援策

70歳まで働くために会社に求める支援策は、「待遇改善」、「勤務条件の軽減」、「ふさわしいポスト・職務」など。

70歳まで今の会社で働くために求める支援策は、「60歳以降の社員への待遇改善」(52.9%)、「軽減された勤務条件」(51.2%)、「高年齢社員にふさわしいポスト・業務開発」(45.9%)が上位3項目となった。

「60歳以降の社員への待遇改善」は年齢の上昇とともに求める人が増え、60代男性の67.3%、60代女性の71.2%が待遇改善を求めている。

40代では男女とも他の年代に比べ「40代・50代から70歳まで働くことを見据えた能力開発」を望む人が多くなっている。

「起業支援」、「社外派遣」、「インターン制度促進」を求める人は5%以下にとどまっている。



5. 定年後研究所 得丸所長 コメント へつづく
>>>戻る