loading

「定年(後)川柳コンテスト」結果発表

プレスリリース:川柳コンテスト開催
定年後研究所 会員コミュニティサイト 「50’sコミュニティ」内で川柳コンテスト開催
十六代目 櫻木庵 尾藤川柳先生が監修、優秀作品を選定
「定年(後)川柳コンテスト」結果発表

一般社団法人 定年後研究所(東京都港区、所長:得丸 英司)は会員コミュニティサイト「50’sコミュニティ」内で、「定年(後)」をテーマにした川柳コンテストを開催しました。はじめての開催となる今回のコンテストにはおかげさまで、2,038句の応募をいただくことができました。このたび、日本の川柳文化の発展に尽力されている十六代目 櫻木庵 尾藤川柳先生に監修いただき、全作品の中から優秀作品賞10句、その他優秀作品100句を選定いただきましたのでお知らせいたします。

 


得丸英司所長の総評

「定年後研究所が主催する「第一回定年(後)川柳」に多数のご応募をいただきありがとうございました。定年後という将来に対する不安、不満、戸惑いなどを感じ取れる内容の力作ばかりでした。ある意味で「課題が明確になった」とも言えますので、新元号の『定年3.0』時代の幕開けにあたり、皆さまとともに「自走人生」の創出に取り組む定年後研究所でありたいと思います。」


尾藤川柳先生の総評

「2,000句を越える生の声が十七音の川柳となって寄せられました。誰にでも訪れる定年を考える機会に、川柳という短詩が効果的だったのは、一句一句に作者の思いが込められ、まさに生きた文芸としての川柳を感じました。定年という事を通して自分を見詰める機会がここにあったようです。」


■ コンテスト概要
定年後研究所の会員コミュニティサイト「50’sコミュニティ」にて「定年(後)川柳」を募集


応募期間:2019年1月9日(水)~2月8日(金)
応募方法:定年(後)にまつわるエピソードやその背景を添えて川柳を投稿。また、共感したり素晴らしいと思った川柳投稿に拍手。
選  考:十六代目 櫻木庵 尾藤川柳による選考
入賞賞品:優秀作品賞(10句)Amazonギフト券5,000円分
     その他優秀作品(100句)ポータルサイト「定年3.0」で発表
     お年玉賞(投稿&拍手をした会員の中から抽選で100名)Amazonギフト券500円分

 

結果発表詳細はこちら


<本件に関するお問い合わせ先>
一般社団法人定年後研究所

お問い合わせはこちらへ