loading

定年後研究所について

BACKGROUND
設立背景

定年後研究所は、次世代シニア(在職中の50代社員)に対し、『定年3.0』を提唱します。

『定年1.0』は昭和の時代の定年概念、定年後は「老後であり、余生」。
『定年2.0』は平成の時代の定年概念、年金支給開始の繰り下げ、雇用(定年)延長などの変革の時代。
高齢社会(長寿化)がいよいよ現実のものとなり、定年後の時間をどう過ごすか?と言う課題が顕在化し、前例のない「不安な時代」が到来しました。


定年後研究所コンセプトムービー2018.7.10

企業で働く50代社員に、年齢を事由とした配置転換や出向、役職定年を契機に、働くモチベーションが著しく低下した状態、所謂、“50代シンドローム‟が蔓延していることが、当研究所の調査によってわかりました。

一方企業で50代社員の活性化対策を講じている例は3%弱に過ぎません。
『50代が、定年までの10年以上の年月をイキイキと過ごすことができるかどうか』は労使共通のシリアスな課題となっています。

当研究所が提唱する‟新しい元号“の時代の定年、すなわち『定年3.0』は‟生涯現役“が一般化する時代。
自分自身の能力や経験を活かし、自らの価値を創出する為に、新しい‟繋がり”、多様な‟学び”、幅広い‟情報”が必要となってきます。
しかし、その価値を創出するには現役時代からの準備が不可欠となっています。

※「定年後」に関する予備調査(定年後研究所:2018年3月)

GIST
設立主旨

定年後研究所は、定年後人生を豊かにするための調査・研究・支援をおこなう機関として発足しました。
人生100年時代と考えたときに、定年は一つの節目であり切れ目ではないと考えます。
当研究所では定年前、特に50代の歩き方も重視しており、定年前後の世代を中心とした情報やサービスの収集・提供を行ってまいります。

WILL
定年後研究所の志

定年後研究所は、社会的な役割を果たす志で設立しました。具体的な活動を通して右のようなステークホルダーに貢献していきます。

まず50代会社員の自走人生の実現に向けた貢献を考えています。彼ら自身が次世代のロールモデルとなっていく期待ができ、彼らの勤務する企業にも貢献できます。

50代が価値を創造し、明るく元気になることにより企業全体にも好影響を与えます。

定年に関心のあるマスメディアや研究者にも積極的に協力し、引いては日本社会の経済活動にも貢献していきます。

定年後研究所の志

OUTLINE
研究所概要

名称 一般社団法人 定年後研究所
所長 得丸 英司
設立 2018年2月15日
所在地 〒108‐0014 東京都港区芝 4-1-23 三田NNビル4F
代表理事 真鍋 洋(星和ビジネスリンク 代表取締役社長)
理事 神谷 佳典(日本生命保険相互会社 営業企画部担当部長)
畑田 近穂(あいおいニッセイ同和損害保険株式会社 人事部担当部長)
前田 展弘(ニッセイ基礎研究所 主任研究員、東京大学高齢社会総合研究機構 客員研究員)
得丸 英司(定年後研究所所長、星和ビジネスリンク 取締役専務執行役員)
近  浩二(星和ビジネスリンク 代表取締役副社長)
池口 武志(定年後研究所企画開発主務、星和ビジネスリンク 執行役員)
監事 宮地 俊行(星和ビジネスリンク 経営企画部長)
顧問 小島 貴子(東洋大学理工学部准教授、キャリアカウンセラー、多様性キャリア研究所所長)
竹中 雄三(日本マーケティング協会 客員研究員)
アドバイザー 楠木 新(神戸松蔭女子学院大学 人間科学部教授、楠木ライフ&キャリア研究所代表)
木村 勝(リスタートサポート木村勝事務所 代表、電気通信大学 特任講師)
矢野 憲彦(株式会社QOLアシスト 代表取締役、一般社団法人QOLアカデミー協会 代表理事)
山口 里美(司法書士法人コスモ/行政書士法人コスモ 代表社員、株式会社コスモホールディングス 代表取締役)
千葉 晃久 (あいおいニッセイ同和損害保険株式会社 長野支店 担当次長)

TOPに戻る